読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美ビルド・ネットの熊本はてな?

「美ビルド・ネットの熊本はてな?」は我が郷土熊本県を中心にお役に立つ情報をあなたにお伝えします。

しつこい「宗教勧誘」一番困る宗教がNHK?

生活ハウツー

エホバの証人ものみの塔創価学会顕正会幸福の科学モルモン教統一教会立正佼成会・・・。

新聞屋とかNHKとは違い、
宗教の人は一見いい人そうに見えたり、同情誘うように子連れで来たりするので厄介ですよね。

 

こんな人たちは、
この世を救う為と言っているが実際は、この世に悪を振りまいているのかも。

 

私の家にも平日の昼間なんか来ます。
女性二人組で住宅街を徒歩移動、地味で古臭い服装、手にはパンフ入れてるトートバッグ・・・
エホバの証人ってパッと見でバレバレですよ。

 

嘘みたいな実話ですが、
お寺にエホバの勧誘が来たそうで、

「いや、見れば分かるでしょ、ウチは寺で自分は住職なんですが」
と言っても通じなかったらしいんですね(アホ過ぎる?)

f:id:ky4490:20170421174711j:plain

確かに宗教の勧誘や、訪問販売など迷惑な人も多いでしょうね。

実際こういう「宗教勧誘」が来た時にどんな断り方をしているのか、
ナマの声を聞いてみると・・・。

 

エホバの証人は、
 2度と来ないで欲しい旨をきちんと伝えると、訪問拒否扱いになるはず。
 もしくは、門にエホバの証人訪問拒否と書けば来なくなるよ。

 

・「お帰りください」コレを唱えるだけで宜しいそう。
 余計な事は一切言わない。
 コレで30分も帰らなかったら110番。
 精神的苦痛を受けた事、不退去罪等で訴えればかなりの確率で警察に逮捕されるそうです。

 

・うちはイスラム教だ、と言えば逃げて帰る
 「他の宗教に入信している」と言えば二度と来ないよ。

 

・我が家の撃退法…捲し立て編。
 初回訪問…結構です!

 二回目の訪問…
 申し訳ないですが、我が家では〜◯◯に家族入信しているので結構です!と一言伝えれば引き下がります。
 最後に布教活動お疲れ様です、と言って送り出します。

 食いさがる時…
 私は◯◯のことを信じています。これも◯◯様からのご縁でしょうから、
 貴方も◯◯教会に足を運んでみませんか?ちょうど、教会長の面談日ですし良い機会だと思いますよ!
 これで、定期訪問がなくなりましたw

 

・うちは二度と来ないでと穏やかに言うと来なくなりました。
 あの方たちキツイ言われ方には慣れっこらしいので穏やかにでも二度とと明確に言います。
 他の人にも伝えてくださいねと言うととなお効果的。毎回同じ人がくるわけじゃないから。

 ちなみに親が信者の同僚によると名前住所 その時の状況を書面で記録残され
 地図に️つけて『拒否』と書いてあるそうです。

 

・お前らの信教の自由は否定しないが私には宗教を信じない自由がある、と言いましょう
 こう言うのは「他に信じている宗教がある」とか言うと余計に話が長くなる

 

・二十年前の話だが女の子連れで宗教勧誘に来た親子をパンツ1枚応対したら
 文章読み上げてそのまま帰ってった 夏だったから暑くてな

 

・100均の「宗教・セールスお断り」の札に、
 手書きで「守れない方は罰金1万円」と書いて玄関に貼っている。意外と効果あります。

 それでも時々インターフォンを押す奴がいますが、
 「字が読めませんか?これから出ますので1万円先払いですよ」と言うと帰って行きます。

 

・甘い甘い。来るたびに警察に通報するって言ったけど、まるで効果なかった。
 仕方ないので一旦ドアを開けて「悪いけどゴミ出ししといて」ってゴミ袋を渡したら、
 やっと来なくなった。動物と同じで上下関係を意識させることが大切。

 

・玄関前に深さ1mくらいの穴を掘って上に軽くブルーシートと土を被せておいたら、
 エボバの勧誘の人は見事に堕ちてたよ。足を骨折したみたい。金属買い取りの訪問も同様。
 もちろん、助けるどころか罵声を浴びせて放置。他人の敷地に無断で入るからや。

 

と色々な「宗教勧誘の断り方」ってあるんですね。
あなたの参考になったのはありましたが?

 

また「目覚めよ」の冊子にまつわる話では、
 夜勤で昼前寝てるのにピンポンで起こされて「あれ?宅配だっけ?」と思って寝ぼけて出たら、
「目覚めよ」の冊子出された時は本気で殺意が芽生えたそうですし、

 

「目覚めよ」読んでください・・・っと来ところ、
寝かしつけたばかりの「あなたのピンポンで息子(当時3ヶ月)が目覚めちゃったじゃない!」って言ったら、
素直に引き下がったそうですよ。

 

この宗教勧誘の始末の悪さは、ノルマもあるんでしょうけど、
入信させるのは、相手のためになることだと思ってることみたいですね。
興味の無い人間にとっては、ひたすら迷惑で気持ち悪いだけかもしれませんね。

 

また訪問勧誘しないと続かない宗教なんて、そのうち淘汰されて潰れそうな気がしますよ。

本当に人にとって良い宗教なら、続くはずですよね。

   

そんな「宗教勧誘」よりもたちが悪いのが「NHKの受信料」の集金人みたいですよ。

 

NHKは法律をたてに支払いを強要してきますからね。
宗教よりもたちが悪いです。

 

実際こんな経験をされた人がいるんです。

・前にNHK来た時に、ドアノブ回されたりドア凹むほど叩かれた。
 ドア開けたら、靴差し込んで来て閉めれないようにしてきたのですが、全国のNHKは、同じでしょうか。

 

・独り暮らし時代、受信料滞納。
 ある日、仕事から帰ってきたら、ドアに紙が挟まってた。
 見たら、
「お帰りなさい。NHKです。また伺います」だった。ゾッとした。

 

・夜の10時20分に来られた事がある。友達の家でもそんな時間にいきなり行かないのに。

 

・バカ正直に応対する必要はありませんよ。
 テレビは置いてません。
 いつもこれで処理してます。

と他にも色々と体験談がありますが、

 

先日テレビがあるのに受信契約の締結を拒んだ男性に、
NHKが受信料を請求できるかが争われた訴訟の上告審がありましたね。

放送法64条1項は、
「受信機を設置した者は、NHKと受信についての契約をしなければならない」と規定されているんですが、

今回の訴訟では、
(1)契約がどの時点で成立するか(2)放送法は合憲か-などが争点となったそうで、

 

結果として、
「公共放送には災害情報などを提供する重大な社会的使命がある」と指摘し、

情報を受け取る国民から受信料を徴収することは不合理ではなく、
「『契約自由の原則』を侵害し、憲法違反だという主張はあたらない」となったみたいなんですね。

 

つまり、
NHKに受信料払わなければ、無料の民放もすべて見てはいけないということか?
民放の営業妨害、国民の選択の自由を奪う気なのかもしれませんね。

 

やはり国民を馬鹿にしたような受信料制度を批判し、
国民に一気にテレビ離れする潮流が高まることに大きく期待しますよ。

テレビなど見なくても支障はないし、防災時にはスマホとラジオで十分です。

 

テレビ不要ですよ。

(実際、私もここ7~8年テレビは置いていませんが、不便と思ったことはありませんよ)

 

それと放送法64条1項には但し書きがあり、
NHKを受信しないテレビはこの限りではないとあるんですね。
つまりNHKを見なければ契約しなくていいんですよ。

 

そして生活に必要な、電気、ガス、水道などの公共サービスでさえ、契約が必要ですね。
契約しなければ使えない。それが平等というものと思います。

 

NHKは、
これらのサービスより重要だと思わないからNHKなんて要らないと思いますよ。

 

やはり一番困る宗教は「NHK」みたいです。

 

「カワウソカフェ」カワウソの負担にならない商売にしてくださいね

動物・ペット

猫カフェ」「フクロウカフェ」「ももんがカフェ」「ウサギカフェ」「ペンギンバー」・・・
これだけ多種な動物と触れ合えるとなると、動物園人気は遠のくのでしょうか?

 

そのうち、
オオサンショウウオカフェ」とか、
トラとかライオンと触れ合えるお店が出来そうな感じ。

f:id:ky4490:20170420200653j:plain

そして、
水族館で小さい穴から餌を与える事が出来るだけでも可愛いのに、
「カフェ」ですと・・・。

 

店の名前は「北野坂 か和うそCafe」(神戸市中央区)。

 

2016年12月10日にオープンし、
コツメカワウソだけでなくデグーマウスやパスバレーフェレットなど、
他の動物カフェとは一線を画した動物を複数扱っているそうです。

 

コツメカワウソというのは、
東南アジア原産で、絶滅種に指定されたニホンカワウソとは別種だそうです。

 

店ではコツメカワウソにエサをあげたり、握手をしたりできて、
「割と人懐っこいですよ。かまれたらちょっと痛いですが」と、
初めて触れ合う客にもじゃれてくることが多いんだそうですよ。

「かまれたらちょっと痛い」って、狂犬病とか大丈夫なの?

 

なんでもカフェなどで営利目的で動物を取り扱う場合、
自治体への「第一種動物取扱業」の登録が必要となるそうで、

登録基準を満たしていれば、
ネコやイヌに限らず、コツメカワウソをはじめさまざまな動物で登録可能であり、
遵守事項等を満たしていれば法令上の問題は無いそうですよ。

 

ただ、
どういった動物種を扱うかは登録申請者が決めるんですが、
動物種によっては他の規制がかかる場合もあるそうです。

 

行政は、
動物とのふれあい後や、世話を行った後は、
その都度十分に手指の洗浄消毒等を行うことなど、衛生上の注意喚起を行っているそうで、
衛生面や動物の世話にも配慮しながら営業されているそうですが、

 

カワウソ側が人間の菌貰ったりしないのかな?と思ったりもします。
人間同士でも風邪やインフルエンザ移し合いますから、
不特定多数の人間と触れ合うカワウソの健康がちょっと心配ですね。

 

このカワウソは、
ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物の総称みたいで、
カワウソ亜科にはニホンカワウソやラッコなどが属しているそうです。

 

泳ぎが得意で、水中での生活に適応しているみたいで、
ラッコ以外のカワウソは陸上でも自由に行動しているそうです。
ほぼ世界全域の水辺や海上で生息しているみたいですよ。

 

ただ「ニホンカワウソ」は、
北海道から九州まで、日本中に広く生息していたんですが、

乱獲や開発による生息環境の変化で激減して、
2012年8月に環境省レッドリスト改訂で正式に絶滅が宣言されたんですね。

 

カワウソさんの負担にならない商売にしてくださいね。

   

それにしても、
動物カフェはブームと言っていいほど多くなりましたね。

 

猫カフェ」などは、
「カワイイ・クールジャパン文化」のひとつとして外国人にも受け入れられているようですよ。

 

そんなペットはなぜ、人を癒やすことができるんでしょうか?
やはり、
「触れ合うと“気持ちいいから”」でしょうね。

 

確かに、とくに猫は柔らかくて温かく、触れ合うだけで心地よくなるし、
「心」が気持ちよくなることもありますね。

 

そして私達人間は日々、
優劣を競い合うため“マウンティング”をし合って生きていますから、

そんな日常から離れて、
「自我」をぶつけてくることのない相手(ペット)と接するだけで心は癒やされるんでしょうね。

 

もしかすると、
人間同士でも補え合える相手と自然に引き合うことがあると思いますが、
動物でも同じみたいで、

よく動物が寄ってくる、または動物と触れ合いたいと強く思う、
そんな人は癒やしを必要としている状態なのかもしれませんね。

 

今回の「カワウソカフェ」。
可愛いのはいいと思いますが、 カワウソって猫とかより管理大変そうですね。

 

お客もカワウソのことよく知らないだろうから、

思わぬことがカワウソにとってよくないこともあると思いますから、

そのへんしっかりしてカワウソを大事にしてほしいですね。

 

「最低賃金、時給1500円なら夢ある」は夢のまた夢?

社会・政治

どこで働いてそういう考えになったのかは知らないですけど、
時給1,500円で雇いたいっていう会社なり経営者なりを本気で探せばいいと思いますよ。

 

最低賃金変えろ」とか、
自分の努力に依らずルールを自分に良いように変えろと言われてる気がしてあまり印象は良くないですね。

 

経営観点からもの考えろとまでは言わないですが、
雇う側も感情のある人間なんですよってことですよ。

いきなりお金の話する子と仕事したいかどうかですよ。
じゃあ金払えば何でもやるの?てなっちゃいますよね。

f:id:ky4490:20170417192510j:plain

というのは、
労働者の最低賃金を時給1500円に引き上げることを求めて運動している、
若者のグループ「エキタス」が4月15日に東京・新宿でデモをしましたね。

 

若者たちは、

「1500円は『健康で文化的な最低限度の生活』に必要な最低限の金額です」

「1000円じゃなくて1500円と言うのは、ちょっと夢があるから。
夢があるというのは(生活の)リアリティーがあるということ」

なんて言っているようですよ。

 

ちなみに、
「エキタス」というグループは共産党がシールズに名前をかえさせたグループみたいで、
ラテン語で「正義」や「公正」を意味する言葉だそうですよ。

 

ホームページには、
「私たちは、格差と貧困が拡大し、不公正がまかり通るこの国に対して「社会的正義」の実現を求めます」
だそうです。

 

もしかすると本音は、
「アベ政権を攻撃するために日本の成長率をマイナスにしてやろう」

中小零細の採算を度外視し、
とにかく賃金上げろって主張は、会社の利益減少、設備投資減・景況感悪化が狙いなのでは・・・?

 

推薦人みたいな感じで、数多くの人が意見を言っていますが、
その中の1人で中西新太郎横浜市立大学名誉教授)という人は、

 

「時給1500円は贅沢じゃない。無茶な要求でもない。普通に働いて普通に暮らせる最低限の要求だ。
生活のためバイトに追われる高校生、大学生にも、
睡眠削って働けば働くほど最低賃金を割りこんでしまう「自営」労働者にも、

異常に長い残業時間込みでなくては生活できない正社員にも、
働かなくては年金だけで生きられない高齢者にも、時給1500円は、
そこから人間らしい生活を築く起点になる。

過労死を平気で認めるような「働き方改革」はいらない。
改革すべきは普通に暮らせない働き方を強いる企業、社会の不公正だ」

なんて主張しているみたいですね。

 

ただ、最低賃金を上げて低所得者を救済すべきと主張すれば、
「そんな事をすれば雇用が悪化してしまう、会社が潰れてしまう」
という反論が来ることは目に見えていますが、

その反論を事前に織り込んでおくことが、意見を主張する際に必要な当然のテクニックなんですが、
そういう反論は一切無いみたいですよ。

   

では実際「時給1500円」の世界でどんなことが起きるんでしょうね。

 

まずは「雇用」が減りますね。

給料の高い従業員を雇うとよそと競争が出来ないですね。
全業種の従業員が時給1500円以上なら条件は同じじゃないか、
と思うかもしれませんが、

今までは人の手でやっていたことが、
高コストになるのなら機械に置き換えよう、という事になるみたいですよ。

 

半導体を作る工作機械などを見れば、
現在の機械がどれだけ素早く、複雑な動きが可能かわかりますね。

 

飲食店のかなりの部分がオートメーション化も可能だと思われているんです。
今までは高価な機械と人手を比較して割安なほうが選ばれていたのが、
時給が高くなれば機械でやろうという事になりますよね。

 

たとえば、
あなたも利用するアマゾンの配送センターなんかは急激な機械化が進んでいるんです。

1万5千台ものロボットを導入する事で、
500億円から最大1000億円の人件費を削減しているとも伝えられているんですよ。

 

こういう感じで、
「解雇」は規制できても「雇用」は強制できない、という事なんですね。

 

次に起こることは「国内産業の衰退」みたいですよ。

人件費が上がればあらゆるモノの価格が上がりますね。
すると企業にとっての仕入れコストも上がるんです。

 

これを抑えるには海外からの輸入品で代替しようという事になるんです。
今までは輸送コストなどを考えれば国産品のほうが安かったものが、
人件費の高騰で割高になれば輸入品に切り替えよう、という事になるでしょうね。

 

そして国産品を守るために輸入品の関税も上げてしまえ、
という事になれば、

相手国にも関税をあげられて、外貨を稼ぐ輸出産業が壊滅するでしょう。
現実的に考えて、
高い賃金を維持するために関税を引き上げることは不可能ですけどね。

 

そしてあなたも感じている価格上昇で「需要が減る」ことでしょうね。

販売価格が上がっても所得が増えていれば問題ないかもしれませんが、
国産品が可能な限り輸入品に置き換えられますから、
国内で回っていたお金が海外に流れるでしょうね。

結果として「雇用が減り」、負のスパイラルとなるみたいですよ。

 

単純に考えれば、
あなたの給料が上がれば他人の給料も世の中の物価も上がります。
あなたの価値、能力を底上げしなければ社会の中での立ち位置は変わらないんです。

 

給料が上がって、物価据え置きなんてするなら、
商品輸入や安い海外労働者の受け入れになるけど、
そういうことで最初に仕事を奪われるのは、特技のない労働者ですからね。

 

最低賃金、時給1500円デモ」や要求も権利ですから構いませんが、
本気なら通信講座でもいいから資格を1つでも取ることをお勧めしますよ。

 

日本は職業選択の自由があるから時給を高く貰いたい人は、
肉体系に行けばいいですよ。(女性は風俗か?)

 

ただ鳶職人とか大工さんは、もっと上げるべきだと思います。
若い人が少なくなっているし、特殊な仕事ですからね。

 

いずれにしても、
若い人は「最低賃金、時給1500円なれば」なんて夢や多くの悩みを持ちますね。
でも、

その答えを「考える」だけでは、最善・最適は決して出ないものなんです。

 

最善と思われる最高の「答え」を他人からあなたが聞かされても、
あなたが正しい生活「行為」をしていなければ、
その最高の答えも「ムダになる」「当たらない」という事態になるんです。

 

でもあなたは、
「答えた他人の間違い」として終わらせ、
自分自身は成長しないままで悩んで行くことになるんです。

 

自分自身の正しい生活行為が、

「悩みへの最善」を教えるということは忘れないでくださいね。