美ビルド・ネットの熊本はてな?

「美ビルド・ネットの熊本はてな?」は我が郷土熊本県を中心にお役に立つ情報をあなたにお伝えします。

くまモン「熊本熊」「酷MA萌」どっちの名前がいいの?

ミッキーが世界じゅうどこでもミッキーであり、パンツネズミなどと呼ばれないように

くまモンは世界じゅうどこでもKUMAMONですよ。

 

中国や台湾では日本人の名前や企業名を漢字を向こうの読み方で勝手に読むことが常態化してるから、
変な呼び方してもあんまり気にしてないのかもしれないですね。

 

ちなみに、
日本でも中国人の名前を勝手に日本式に読んでいますもんね。
毛沢東は本当はマオチョートンですし習近平は本当はシージンピン)

f:id:ky4490:20180809102229j:plain

なんでも我が郷土熊本県のPRキャラクターのくまモンが、
中国語圏では正式な名前を覚えてもらえないと熊本県の役所が困っているらしいですよ。

 

同じくまモンでも「熊本熊(ション・ベン・ション)」「酷MA萌(クマモン)」という、
二つの名称が存在して、
特に中国や台湾では「熊本熊」のほうがくまモンとしてしっくりしているみたいですよ。

 

中国の商標検索サイト「商標網」を調べると、
「熊本熊」や「熊本熊 KUMAMON」といった名称がいくつも出てくるような状態だそうで、

 

これじゃいかんバイ(熊本弁でスイマセン)と熊本県では2013年、
「酷MA萌」という当て字を正式な中国語名にし、

(全くイメージがわかないが中国の「酷」は格好いいって意味みたいです)

オフィシャルグッズにはすべて「酷MA萌」を使って、
中国本土、台湾、香港、シンガポールでは商標登録もしているんですが・・・、

 

私は「熊本熊」でもいいと思いますよ。

そもそも中国語圏の人は熊本を元々Xiongbenって読むわけで、
「くまもと」という日本語の名前を知らない人のほうが多いと思うし、

そういう人たちにがんばって「酷MA萌」という名前を浸透させようとしたら、
もはや熊本との関係が分からなくなると思うんですね。

 

だったら熊本熊のほうが熊本の知名度も上がるし、
熊本熊っていう名前の語呂のおもしろさも相まって浸透しやすいと思うんですよ。
(実際浸透していますね)

 

実際、熊本の西合志の方を走る熊本電鉄では、
車体のあちこちにくまモンをあしらった「くまモン電車」がありますが、

アナウンスでは、「熊本熊電車」という言葉が多用され、
観光客からも「熊本熊!」(くまモンだ!)と声が上がっているんですね。

 

そして熊電の駅にある台湾や中国からの観光客向けのポスターなどでも、
「熊本熊電車」という名称が使われているんです。

 

熊電のインバウンド担当者は、
「『酷MA萌』よりも『熊本熊』の方が、くまモン熊本県を知らない人でも、
何を指しているかとてもわかりやすい」と話しているんですよ。

 

もし偽物云々の件で避けたいのなら、KUMAMONとアルファベット表記のみでいいかもしれません。

 

最初からアルファベットの「KUMAMON」表記を前面に押し出してアピールしてれば、
こういうややこしい事にならなかったのにと思いますよ。

   

ところで、
くまモンのモチーフがクマであることは明白なんですが、
熊本県を含む九州では1930年代までにツキノワグマを含むクマは絶滅しているんですね。

 

だからくまモンはクマでは無いですよ。

 

くまモン」の由来は、
熊本弁で「人」の事を『もん』と言うんです。

 

たとえば、
くまモン」(熊本の人)が「よそもん」(他所の人)(意外とよそもんという言葉は使います)

 

で『熊本の人』→『熊本もん』→『くまモン』になったわけんですよ。

 

ついでに書いておくと、
あのくまモンの独特な猫のような目も偶然では無かったみたいです。
この目だからこそ意味があったようですよ。

マンマルの目とか涙目とか黒目が大きいとか、
そんなオメメでは、ヒットはしなかったでしょうね。

 

このアートディレクターは、
なんとなく、思いっ切り悩み抜いて、偶然に選んでいますが、
一種の霊媒的な啓示で選んでいるんですね。

 

くまモンの点のような目に魔除けの力がありますから、
出入口に置いておくと魔よけになるかも。(私も置いていますが)

 

また芸術作家の調査では、
過去にスーパーヒットした子供向けキャラの大半が、ほっぺたが赤丸◯だったそうです。

 

これは日の丸なんでしょうね。

 

巨大なヒットをして日本や世界に広がるものには、神意が背景に存在するようですよ。

 

最後に、
あなたも色々な光景や状態を見ては喜怒哀楽をしていますよね。

 

くまモン」が可愛いと思う人もいれば、怖いと感じる人もいます。

 

そのように感じている自分の心を冷静に見詰めてみることによって、

全ての悩みからあなた自身を解放してくれるようですよ。

 

免疫力が低下している? 犬に舐められ両手両足切断!

先日アメリカ・ウィスコンシン州の男性が犬に舐められたことによる感染症で、
ひざから下の両足と両手を切断するに至った・・・というニュースがありましたね。

f:id:ky4490:20180805174719j:plain

なんでもこのアメリカの人は大きな病気をしたこともなく、健康だったようです。
ある日吐いたり足の痛みがあってインフルエンザだと思っていたようですが、

次に日に意味不明なことを言ったり、下痢をしたりして病院に行ったら、
あっという間に全身の皮膚にあざのようなものができ始め敗血症を疑われたそうですよ。

 

原因の菌は犬や猫の唾液に含まれているカプノサイトファーガ・カニモルサスだったようで、
この人は体調が悪くなる前に飼い犬のほかにパーティなどで数匹の犬と接触しているようで、
どの犬が原因かは不明みたいです。

 

引っかかれたり噛まれたりはしていないようで、
おそらく舐められた後にその手で目など触ってそこから感染してしまったのでは、とのことです。

 

99%の人は大丈夫のようですが、健康状態でたまたま感染してしまう人もいるようです。
医師はペットと触れあった後は手洗いを十分にして、
ペットを定期的に獣医に診察してもらうことを勧めているんですが・・・。

 

日本でもこれが原因で、片足を切断した男性がいます。
あまり取り沙汰されないので、知る人は少ないでしょうね。

 

やはり免疫力が低ければ人の体内で急性の敗血症や壊疽(えそ)などの、
深刻な生命に関わる問題を引き起こしかねませんね。

 

アジア方面での症例ですが、
二十歳ぐらいの若い女性が、鼻から急性の壊疽が始まり、顔の中央部分が陥没して、
最終的に脳まで感染して亡くなったという悲惨な報道もありましたね。

 

おそらく、
汚い手で、鼻くそをほじったか、鼻に出来たニキビを触ったのかもしれませんが、
この程度のことが、あなたにも急性の壊疽を引き起こす可能性があるんですよ。

 

さらに風俗店などでも口内菌に感染し、
急性の壊疽を発症した男性客の肉体の一部を切断する症例が発生しているんです。

表には出ないだけで、
水面下では深刻な急性の壊疽の症例が発生しているんです。

 

また「人食いバクテリア」症例報告も日本では増加中ですね。

自然の池や湧き水も、流れが無い水は特に注意ですよ。
バクテリアが繁殖しているんです。
 

 

そもそも「免疫」とは体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを、
常に監視し撃退する自己防衛システムのことなんですが、

 

「免疫力を強化する」なんて私たちも日常でもよく交わされる健康関連の言葉かと思います。
ただ、多くの人は、

 

何となく「病気にかかりにくいだろう」「病気が治りやすいのだろう」
程度にしか考えていないと思いますが、

 

昭和ならば、まったく問題がなかったことが、これからは違います。

平成の初め頃から人類の免疫力の低下が始まっているそうですよ。

そしてこれからも、ますます低下するそうです。

 

大便の大腸菌にさえ深刻な感染症を起こし死亡者がたくさん出てますね。(犬は大便を食べますね)
大昔から存在する普通の菌に、私たち人類は負けだしているんです。

 

これは、抗生物質の使用により、菌に耐性が増しているとのことですが、
これは現象の説明にすぎませんよ。

 

根本原因は、
太陽黒点から生じる電磁波に含まれる霊光により、人類の免疫力が低下しているんです。

 

これにより、
今後ますます白血病感染症、インフルエンザ、癌による死亡者が増加するようですよ。

 

だからあなたが室内でペットを飼っているならば、
ニキビや、小さな傷口があれば、ペットに絶対に舐めさせないように注意しましょうね。

 

いずれにしろ、

「こんなことぐらいで?」からの深刻な感染症が増えていますから、

食品の選択と、軽運動により、免疫の維持と強化を心掛けてくださいね。

 

飲んだら「水中毒」飲まなきゃ「熱中症」もうこの暑さ勘弁してください!

高気圧に覆われた今の日本列島では、全国的に気温が上昇していますね。

気象庁によると、
関東などでは最高気温が40度近くになる地点もある見通しで、
この猛烈な暑さは西日本を中心に8月中旬まで続くんだそうですよ。

 

「もうこの暑さ勘弁してください! 」と言いたいですね。

f:id:ky4490:20180802155157j:plain

42都府県に高温注意情報を発表し、
「命に危険を及ぼす暑さになる。日差しを直接浴びず、こまめな水分と塩分の補給を」と、
熱中症対策を呼びかけているんですが、

 

あまり水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあるんだそうですよ。
疲労感、頭痛、めまい、ケイレンなどが現れ、重症だと亡くなることもある怖い病気なんです。

 

毒性がない水なのに、なぜ大量に飲むと「水中毒」になるんでしょうね?

 

一般的に人体が1日に必要な水分量は、体重の4%といわれていますね。
あなたの体重が60キロであれば2・4リットルですが、

食事から1リットル前後の水分を摂取するので、飲み水としては1.4リットルくらいなんですが、
それぞれの人の運動量によって必要な水分量は大きく異なるみたいですから、

 

「1日○リットル」と決めるより、「喉が渇いた時に飲む」ことが一番ですよ。

 

逆に言えば、喉が渇いた時は必ず水分補給をするんです。
我慢していると、いざ飲むときにガブ飲みしてしまいますもんね。

 

そんな水をガブ飲みして1日に3リットル以上飲むと体内の水分が過剰になり、
血液のナトリウム濃度が低くなる低ナトリウム血症(水中毒)になるみたいなんですね。

 

ちなみに、
お茶やコーヒーはカフェインの利尿作用が強いので、水分補給にはならないようで、
普段飲むなら、出来るだけ無成分の蒸留水がおすすめですよ。

   

以前ある記事で、
大阪のある病院で、他の病院でさじを投げられた末期の難病患者を多数治癒させている実績があると、
紹介していた記事があったんですね。

 

ただし医師会でも異端とされる治療法である事を前提での紹介だったんです。
その方法と言うのが、

浄水器を通した上で蒸留した蒸留水を1日に約5リットル飲むことと、
適量の粗塩を毎日、口から摂取することだったんです。

 

水を飲むことが出来ない人は、他の病院へ行って下さいと退院させられるそうですよ。
患者の了解の下、医師の監視下で毎日水を飲むんです。

摂取した水分が排出されない腎臓病や水毒症状などがありますから、
危険要素はあるでしょうね。

 

確かに蒸留水が一番、微量な成分を残して人体に合うようですよ。

問題は、蒸留水の入手の仕方なんですね。

 

外国では、大きなボトルで事務所や家庭に蒸留水が配達されるそうですが、
日本では、蒸留水を販売しているのは、あまり聞きませんよね。

 

蒸留水を製造する機械が販売されているみたいですが、5万~10万円と高価なんです。
低予算での対策としては、

 

水道水を機械で濾過した水を煮沸して、湯気をたくさん出した状態でポットに入れます。
そして大切なことは、ヤカンで沸かしたお湯を全部入れないことです。

ヤカン全量の2割ほどの残り湯は捨てる事です。
煮沸により不純物が底に溜まっているからなんです。

 

だから、加熱スイッチを切った後も、しばらく湯気を出すのが良いですよ。
落ち着いた頃にポットに詰めると、不純物だけがヤカンの下方に沈殿する感じです。

 

この時間調整が微妙で、
その日によって薬剤臭がしたり美味しかったりと違いますから工夫が必要なようですよ。

 

塩分は、250CCぐらいに対して、耳かき一杯がお勧めですよ。(超微量です)
これは水分過多で起こる病気の「水中毒」を防止する為なんです。

 

でもあなたが普通の食事を摂る限りは、必ずしも必要ではありませんよ。

肥満、高血圧、辛いもの好きの人は、粗塩の加入は不要ですし、
菜食主義、低体温、痩せている人は、粗塩を入れた方が良いみたいですよ。

 

そして水分量としては、
医師が勧める2リットル以上が目安で良いと思いますが、
それぞれの体質がありますから、無理なく飲める量が最適ですよ。

 

それから「水」とは関係無いんですが、
ある統計のデータで新しい横綱への昇進の4年後に、大地震が起きているんですね。

 

白鵬の誕生日は、3月11日であり、横綱昇進が2007年です。
☆4年後が2011年3月11日です。

 

日馬富士は、4月14日であり、横綱昇進が2012年。
☆4年後の2016年 4月14日がわが郷土での熊本大地震

 

そして鶴竜の誕生日は、8月10日であり、横綱昇進は2014年。
・その4年後は、2018年8月10日です。

 

偶然にしては、よく出来ていますね。

 

ここで問題なのは、横綱は、「大地を鎮める神事」に関わっているということで、
その本人が、土俵を通じて、神事を通じて、大地に反映しているのかもしれません。

 

このように考えると無視ができない統計ですね。

 

熱中症」対策も「水」が必要ですが、

このような自然災害にも「水」は必要ですから、

あなたも「水」を備蓄しておきましょうね。