美ビルド・ネットの熊本はてな?

「美ビルド・ネットの熊本はてな?」は我が郷土熊本県を中心にお役に立つ情報をあなたにお伝えします。

熊本地震から2年経つが2018年は20ものM7超地震が発生するって本当なの?

我が郷土熊本でマグニチュード6.5と7.3が発生した「熊本地震」から、
早いもので2年近くなります。

 

街のようすを見てみると、
解体工事を行っている住宅やビルをまだたくさん見かけますし、
解体後の更地の状態の土地も数多く見ますが、

 

街を行き交う人々は地震などいつ起こったのだろうかと忘れているような、
嬉々とした顔で生活しているみたいですよ。

「災害は忘れた頃にやってくる」とよく言われますが、
それを忘れないと良いみたいですね。

f:id:ky4490:20180222135616j:plain

そんな忘れてはいけない地震なんですが、
アメリカのコロラド大学のロジャー・ビルハムという人がこんなことを言っているんです。

 

地震活動の活発化は自転の減速と強い相関関係があるという」だそうです。
どういうことかというと、

あなたもご存知のように地球は完全な球体では無いですね。
自転によりそれまで回転方向に引っ張られた楕円形をしています。

つまり自転が遅くなればなるほど、
回転方向に引っ張る力が弱まり、赤道半径が短くなっていくんです。

 

ところが、
たとえ地球そのものの形が変化しても、地下に埋まっている構造プレートのサイズは変わらないので、
このミスマッチが地震を誘発するというわけなんですね。

 

今年は月の潮汐力の関係で地球の自転がわずかに遅くなると予測されているんです。
(月の引力の影響を地球の大地は受けます)

遅延は、1日に100万分の1秒程とのことですが、
それだけのわずかな違いでも地震活動には大きな影響力を持つんだそうです。

 

もちろん、
潮汐摩擦(潮汐によって海水が移動する際、海底との間に生じる摩擦力)による、
自転の減速は珍しいことではないが、減速速度は一定では無いんです。

 

また20世紀においてM7超地震の発生が25~30%増加した5つの時期を特定したところ、
この時期は自転の減速と軌を一にしていたというんですね。

特に赤道に近いカリブプレートでは、
1990年以来起こったM7超の地震の80%が、自転の最大減速から5年以内に起こっており、
今年から5年間は30ほどの強い地震が起こる恐れがあるというですね。

 

実際2018年である今年に世界各地で発生したちょっと大きめな地震を見てみると(2月23日現在)

 

・1月23日

アメリカ・アラスカ州の南の沖合で、マグニチュード7.9の地震があった。

 

・1月23日 

インドネシアのジャワ島をマグニチュード6.4の地震が襲い、
首都ジャカルタとその近郊では市民がオフィスや住宅からの避難を強いられた。

 

・1月31日 

パキスタンマグニチュード(M)6.1の地震が発生し、
南西部バロチスタン州で家屋が倒壊して女児が下敷きになるなど2人が死亡、多数の負傷者も出たもようだ。

 

・2月7日

台湾でマグニチュード6.4震度7クラスの地震が発生し、死者16人、負傷者285人を超す大災害となりました。

 

・2月16日

メキシコ南部で2月16日、マグニチュード7.2の地震があり、視察に向かったヘリコプターが墜落し、
巻き込まれた住民ら13人が死亡しました。

 

その他に韓国とか、
日本でも震度3~4の地震はよく発生していますから20ものM7超地震が発生するって、
あながちウソではないかもですね。

 

また月の引力とは関係ないかもしれませんが、
トランプがいるアメリカでも大地震を起こし始めるかもしれません。

 

それはあのシェールガスシェールオイルのための地下の破壊なんです。

シェールガス(岩石に含まれる天然ガスシェールオイル(岩石が含む石油)とは、
以前は放置されていたわけなんですね。

岩石を砕くことで抽出が可能な資源などは、とてもじゃないが採算が合いませんでした。

ところが、
これを地下の地層の中で水圧で粉砕させて簡単に取り出す技術が完成しため、

最近ではアメリカの地下から、大量に抽出されているんです。

 

問題は地下で岩石を砕いた後が注意なんですよ。

大きな・広大な空間が地下深奥に残ります。
今年から、この地下の空間が原因の大地震や地下水が消えたりする現象が起こり始めるかも。

 

だから狭い日本では、
絶対にしてはいけないことが、このシェールガスシェールオイル開発なんですよ。

   

あと日本はもちろん世界各地でも火山の噴火がよくニュースで聞きますが、

「火山の噴火と大地震」は密接に関わっているんですね。
 

2011年の1月に霧島山新燃岳(鹿児島)の噴火したんですが、
その2ヵ月後の3月11日にM9の東日本大震災が起きたんです。

 

時代をさかのぼると、
1706年に霧島山が噴火した後、遠州灘から紀伊半島沖を震源とした大地震「宝永地震」が発生。

 

他にも、
04年9月の浅間山噴火直後、10月に新潟中越地震が起きるなど、
不気味なほどつながっているのがわかりますね。

 

火山学者に共通した意見では、
「実は近年100年間において、世界でM8~9クラスの大地震が発生した後に、
その2年以内に震源地の近隣で火山が噴火することは100%であり、例外が今までに無いのです。」と。

 

だから今、日本でも火山の噴火が起こっていますが、

「2ヵ月後」と「2年」というキーワードに注意ですよ。

 

大きな火山活動が発生した場合、
瞬時で終わる大地震と違って、火山灰の影響が長期化すると想定できます。
これはヘビの生殺しのように、ある意味では地震以上に危険かも知れないんです。

 

ここであなたも耳にタコができたように聞いている、
大きな地震が起きた際に生き残るために取るべき行動を再度お知らせすると、

 

マグニチュード7程度の非常に大きな地震は、非常に強い揺れはせいぜい10秒か20秒。
ですから最初の20秒を生き延びることが最も重要なんです。

 

強い揺れがあった時に頭を防いで、必要があれば机の下に潜ったりとか、
机がなければタンスが倒れてこないように安全なところに移動して身の安全を図ることが最も重要です。
(その時どこにいるか運しだいかも)

 

ガスは自動的に遮断されますから、
ガスコンロの火を慌てて消すことはありません。

 

20秒たったらば扉を開けて避難路を確保します。
あなたの家が耐震化されていて壊れない自信があれば、外に逃げ出す必要はありませんが、

実際には壁にヒビが入ったり逃げなければいけないこともありますから、
逃げる必要があるかどうかを見極めて、すぐに逃げられるようにしてくださいね。
そして最後にブレーカーを落として外に逃げる。(これは意外と忘れます)

 

冬にブレーカーを落とす場合、
凍結の恐れのある地域は水道メーターを止めて蛇口を開けて、

管の圧力を抜けて置かないと配管の破裂の恐れがあります。
特に給湯関係はパンクしやすいので注意した方が良いですよ。

 

津波に呑まれる可能性がある地域に住まわれる人々は、
もし大地震が発生すれば、
20分以内に20m以上(5階建て以上)の高さの建物に移動することを意識してくださいね。

可能な限り、高い位置が良いんです。
本当に安全なのは、建物のようには倒れない海抜20m以上の小山や丘への避難です。

 

そして、
声を掛け合って、みんなで助け合って安全な場所に避難するということが一番重要なんです。

 

こんな感じで、
咄嗟の時の行動を決めておくことは、非常に大事なことですよ。

 

地震が来た、まさにその時、ここに書かれていることを、真っ先に実行出来るかどうか。
あまり多くのことを入れ過ぎると、行動に移せ無いですもんね。

実際にやることのみを、まずは、頭に叩き込んでおきましょうね。

 

最後に熊本地震発生後に、
救援物資の入った段ボール箱のひとつに黒のフェルトペンで書かれていた言葉。

 

「大きな波を乗り越えてたどりついた未来が良いに決まっているよ」と。

 

共働き夫婦の「家事分担」進まない。男の「生活自活力」が無いから?

そもそも昔、日本人がやってきた生活って「お父さんが働いて、お母さんは家事を・・・」みたいな、
「その当時」はそれで良かったんでしょうね。
「間違っていた」のではなくて・・・。

 

当然、女性でもバリバリ働きたい人もいる・・・という社会進出、
「女性の権利」的な考えが発達して、「女性も働きやすい」が進んできて「共働き」が多くなった。

 

でも、そこには社会進出を促す理想を追求したという理由だけじゃなくて、
それ以前に、
「長い不景気、収入の低下、以前の中流家庭の生活を維持するには共働きでないと無理」
という経済的な現実が要因となっているとも思います。

 

おそらく、
働く男性の給料がもっと多くて妻が働かず家で家事と子育てだけしていることもできる環境だったら、
やっぱり「日本人的な家庭」なら、「妻が家事」という家庭が増えると思うんですが・・・。

f:id:ky4490:20180218121053j:plain

共働きしてわかる家事の大変さ。これは経験した人でないとわからないかもしれません。

 

毎日仕事の後に掃除機、ご飯作り、子供風呂入れ、弁当作る。
そして、
洗い物、朝の洗濯物、風呂掃除、子供起こす、ゴミ出し・・・。

 

こういう「名も無き家事」は、
専業主婦が主流の頃は、「名も無き家事」も文句も言わずに普通に主婦がやっていましたね。

でも、共働きが増えるにつれ、
その「名も無き家事」が負担になってきたんではないかと思いますよ。

 

一つ一つは大したことなくても積もり積もれば結構な時間を取られますからね。

 

そういう共働き夫婦の「家事分担」進まない理由のひとつには、
男性(夫)の「生活自活力」が無いのもあるかもしれませんよ。

 

いくら仕事が出来る人でも生活自活力がなければ、
奥さんが病気になったりで一人になった時どうするの?って思いますよね。

そしてそれは子供にも悪影響を及ぼすかも。

 

たとえば、
専業主婦でもきめ細やかな家庭運営をしている女性を、
子育てや近所づきあいや家事運営を通して自立していると認めて学ぼうとしないと、
奥さんが倒れたら何もできない夫が残るだけですね。

 

奥さん頼りの夫だけをマネる子供がいると結局、
その子の将来が誰かが家のことをしてくれるというだけの頭になります。

「生活自活力」がつかないままになりますよね。

 

お父さんが尊敬される自活目標を持っている、
お母さんが同じく夫への感謝と夫の自活目標を助けていることが、
結局は子供の自立目標が最初から高くなりますからね。

   

だから、
マグネットボードで「見える化」して家事へ夫を誘導する方法なんかもいいかもしれませんよ。

 

似顔絵を上部の両端に描き、中央に線を引いて、
時間の流れに沿い、上から下に向けて「朝食作り」「洗たくもの取込」など、
家事の項目を書いたマグネットを担当する側のボードに貼るんです。

 

こうすると相手が担当する家事を自分でやってマグネットを移動させる時は、
ゲームのアイテムを一つ奪い取るかのような感覚になるみたいで、
うまくいく秘訣かも。

 

夫で成功したら、次は子供の名前も入れて、
家族でやっていくと子供も楽しんで家事を覚えられるし、
「生活自活力」も自然に身に付きますね。

 

お父さんは家事もこんなに頑張ってるんだからあなた達も頑張りなさいとか言うと、
お父さんも尊敬されそうですし。

何より次の世代の夫婦がこのように家事分担の事で悩まないようになるのでは・・・。
 

意外と夫は家事をしたくないのではなく、
何をやっていいのかわからなかったのかもしれませんよ。

こんな風に情報を視覚的に伝えるだけでこんなに効果があるみたいですよ。

 

最後に共働き夫婦の「家事分担」は、
ある意味、いい思い(贅沢)をしようとするのをやめたら、みんな穏やかに暮らせると思います。

 

単純に生きるためというより、
無意識で経済的に人よりいい思い、優越感を追いかけているのもあるのかもしれません。

 

あれもしたい、これもしたい、

人より優位に立ちたい、良い思いをしたい・・・。

 

そんな思いなら、

時間がない?当たり前かもね。

   

羽生結弦五輪連覇!本番で最高の演技が出せる秘密は?

やっぱりこの人凄いです。

 

ここまで多くの日本人選手が金メダル確実とマスコミに煽られプレッシャーをかけられ、
実力を出し切れずに金メダルを逃して行った中でただ一人だけ金メダル、しかも連覇。

 

そういえば前回のソチも金メダルはこの人只一人だったですね。

 

オリンピックに出場するだけでも普通の感覚からすれば凄いこと。
その中で世界の三本の指に入ってメダルを獲るだけでも普通から見れば神の粋。
そこから更にトップを獲るのにもう一つ大きな壁があるんでしょう。

 

その中で日本人で唯一それを2回連続で成し遂げた羽生結弦選手は日本にとって本当に伝説になりましたね。

f:id:ky4490:20180217193833j:plain

あなたも気づいたら演技後、画面に向かって拍手しませんでしたか。

 

出場も危ぶまれた怪我に色々な重圧を乗り越えてのこの4分半の演技は素晴らしかったです。

 

そして、
宇野昌磨選手、最初のジャンプで転倒したのにそこからの精神力が凄かった!
初めてのオリンピックなのに凄すぎます!

 

金・銀ダブルメダル本当におめでとうございます。

この1、2フィニッシュは間違いなく他の競技の日本選手も良い流れに乗れますよ。

   

それにしても、
昨年11月の右足首故障からぶっつけで、練習は出来なかったが、本番では最高の演技が出せる。
どうして、このようなことが出来るんでしょうね?

 

これは、

体の軸(じく)、中心線が出来ている。

体幹運動のたまもの。

このこのふたつが出来ているからではないかと感じます。

 

これは運動だけではなくて、勉強、研究、仕事、運動、競技・・・。
大きな仕事を成した人達は、体に軸(中心線)のエネルギーの流れが垂直に往復しているみたいですよ。

 

この縦のエネルギーラインが「出来ている」人は、

・足裏から大地に根っ子が生えている。

・足裏から放射状に出るオーラが、床面を根のように掴んでいる。

だそうですよ。

 

羽生結弦の演技でも軸の安定感、足裏からのオーラが出ているのが見えましたか?

 

なんでも幕末に早死した伝説の天才剣士・新選組沖田総司に似ているとも言われるみたいで、
重い刀を寸分違わず居合するには、やはり体の軸が完成していなければできません。

 

羽生結弦のスケートも、まさに居合のようなスケーティングでしたね。

 

もしあなたが体に軸を創るトレーニングをしたいと思うなら、

・1本ゲタで、スクワットをすること。

体幹が完成した人間は、丸い2つのボールの上で、スクワットが出来る。(マネしないでくださいね)

 

まずは、
普通のスクワットで、目を閉じて行い、体が前後に揺れない安定感を目指すと良いですよ。

 

そうするとあなたも体に中心線(軸)が育ち始めるだけで、

・何事にも自信と、ヤル気が出始める。

・達成力が出て来る(仕事などを途中で辞めなくなる)。

・感・勘が冴え始める。

・怖がらない、恐れない。

・安心感と感謝の気持ちが湧き始める。

とあなたも実際やってみて体感してくださいね。

 

いずれにしても、

羽生結弦選手は凄い!」の一言ですね。