読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美ビルド・ネットの熊本はてな?

「美ビルド・ネットの熊本はてな?」は我が故郷熊本県を中心に色々な情報をみなさまにお伝えします。

「高齢ドライバー事故多発」85歳現役ドライバーが言うには?

事件・事故

これまでの長い期間事故も違反もしていない人は自負があるとは思いますが、
能力の低下も何とか受け入れて欲しいですよね。

 

最近、高齢ドライバーによる事故が相次いでニュースを賑わしていますが、
「自分は大丈夫だ」と自信を持つ高齢者が年を重ねるごとに多いというのは意外ですね。

f:id:ky4490:20161210153904j:plain

岩手県立大の元田良孝名誉教授(交通工学)らが、
平成20年に盛岡市に住む65歳以上の高齢ドライバーとその家族約1千人を対象に、
安全意識などについてアンケートしたんです。

 

「安全運転に自信はありますか」と、

この問いかけに対し、全体の55・4%が「ある」と回答したんですが、

年代別で区切って「自信あり」と答えたのは、

60代では53%だったが、

70代で55・7%と微増し、

最高齢の80代以上では63・2%に増加したんです。

 

加齢による認知機能をはじめとした身体能力の低下は、
科学的にも明らかになっているんですが、

老いれば老いるほど、
自らの運転に自信を持つという傾向があるという結果が出たみたいですよ。

 

もしかすると自信があるとかより、
衰えた自分を受け入れたくない、

受け入れたら免許証や車を取り上げられるんじゃないか?
なんて思ってるのかな?

 

また、
80代以上のドライバーがいる家族の20%が「(運転が)とても不安」と回答し、
年代が上がるほど、家族の不安は大きくなっているんです。

 

あなたも家族が乗らないように言えばいいと思っているかもしれませんが、
家族だと自分の事は自分で決めると言って、
激高されたり話を聞こうとしないこともあるみたいなんですね。

 

ある85歳の現役ドライバーの人はこんなことを言っているんですよ。

 

80歳を超えると、60代の頃と比べるとどうなるのか?
まず、
運転中の視野が狭くなりました」と。

 

運転席に座って真正面を向いて、
片目で左右90度の範囲で物が見えることが望ましいと言われているんですが、
70歳を過ぎた頃から60度くらいに狭まってしまったような気がすると。

 

スピードを出せば出すほど視野が狭くなるのは、
あなたもご存じと思いますが、

高齢になると、
街中を走る速度域でも視野が狭くなっているそうなんですね。

 

次に「反応時間の遅れ」もあるそうで、

ひとつのことであれば、
若い人と比べても反応時間の遅れはあまり無いそうですが、

 

複数のこと、つまり交差点などで、
信号があって歩行者、
自転車がいて、右左折するクルマ、

と複数を同時に見て総合的に判断しなければいけない場合、
反応時間が遅くなったそうです。

 

時々、トロい自分に腹立たしいく感じることもあるそうですよ。

 

ある日、自分と同年配が運転するクルマが他人の家の塀に車が突っ込み、
「こんなトコに塀なんか立てるな!!」と、
運転してたお爺さんが怒鳴り込んできた場面も見たそうで、

 

その時思ったのは、
老いてることを自覚できるかどうか」ということ。

経験から来る過信に加えて、
年を取るにしたがって衰えてくる運動能力を自分自身でわかっているかどうか・・・と。

 

だからこの方は、
昔のように運転できないことがわかっているので、

なるべく夜間の運転を控えたり、
スピードを出さないようにしていると。

 

この自覚ができなくなったら、
免許証は返納しようと思っている・・・と。

   

こんな高齢者ドライバーばかりだと安心してもいいんですが、
警察庁のまとめによると、

65歳以上の運転免許保有者数は過去10年間で約730万人増加し、
昨年末時点では約1710万人にのぼるそうですよ。

 

来年3月には改正道交法が施行され、
検査で「認知症の恐れ」と判定された75歳以上の運転者全員には、

医師の診断が義務付けられ、
そこで認知症と診断されれば免許停止か取り消しとなるそうですが、

 

多数を占める健康な高齢ドライバーにとって、
「窮屈な時代」になったなと思っているかもしれませんね。

 

でも、
高齢者の認知症対策として行われる「免許証取り上げ策」は、
ほとんど実効性は無いかもしれませんよ。

 

認知症をわかっていないフリをしているかもしれませんから、
そういう認知症の人から免許を取り上げても、

免許証が無いことすら認知できなくなってしまうからですね。
認知症はそういう病状と思うんですよ。

 

判断能力を持つ他の家族と同居していれば、
キーを取り上げたり、
車両を売却するなどの手段も取れますけど、

 

独居老人だとそうもいかないですよね。

 

ですから認知症対策のひとつとして、
エンジン始動時に日付などでいいから
(日付がわからなくなるのは認知症の代表的な病状)

 

4桁程度の暗証番号を入れさせるなど、
物理的に乗れないようにするのもひとつの方法かも。

 

また高齢者ドライバーの事故は、
アクセルの踏み間違いも多いですよね(年間7000件くらいある)

 

大きな事故になってしまうケースは少ないでしょうけど、
後進時などの時は、
スバルの後進速度リミッターなどを全社標準装備にしたり、

 

また前進時に壁や人がいれば、
アイサイトのような高い性能を持つカメラ式自動ブレーキがありますが、

前方に障害物のない状態での踏み間違いではまだそういう機能がありませんから、
人工知能で判断できるようなシステムが必要でしょうね。

 

それとドライブレコーダーの設置は必要でしょうね。

これは高齢者ドライバーに限らず、普通のドライバーにも必要ですよね。

 

先ほど塀に突っ込んだ高齢者ドライバーの事故を言いましたが、
不思議なことに高齢者になると、
健常者でも「ぶつけた時の罪の問題意識」が薄いんですね。

 

自分のクルマがぶつかったのに、無視して走ってしまう。
捕まえてみると高齢者だったというケースは多いんです。

 

被害者になったほうは、堪らないし、
ぶっつけた高齢者は悪質な当て逃げになりますね。

そんな時、
ドライブレコーダーが唯一の証拠になりますよね。

 

こういう言い方は許されないですけど、
老人が亡くなるのと、若者が亡くなるのとでは、悲しみの深さが違いますね。

 

法規制もですが、

老人が移動しやすい環境を整える事も大切ですよね。

 

罪と罰ではいつまでも「高齢ドライバー事故」は解決しないのでは・・・。

 

安倍首相の真珠湾訪問 歴史上の記憶は財産でもある?

社会・政治

戦後、71年目にして「ようやく」というところですね。
むしろ今までなかったのが不思議ですよね。

 

色々意見はあると思いますが(それも、これも、ひっくるめて)議論することで一層お互いの理解が進むでしょうね。
民進党のハトポッポがどっかで土下座してたけど、それに比べると何か嬉しい行動ですよね。

f:id:ky4490:20161208185635j:plain

というのは、
安倍晋三首相が12月26~27日、アメリカ・ハワイを訪問し、
オバマ大統領とともに真珠湾パール・ハーバー)を訪問するのが決まりましたね。
謝罪ではなく、慰霊のためみたいで、

 

65年前の1951年9月12日に真珠湾を訪れた吉田茂首相以来で、
現職の首相が「真珠湾のアリゾナ記念館を訪問して慰霊をするのが初めて」だそうです。

 

それにしても吉田茂首相の場合戦後6年で、
訪れたのはすごい事かも。
反日感情すごかったんじゃないかな?と思ったりもします。

 

次期大統領のトランプは、

「不名誉な記憶として残る75年前に、真珠湾で犠牲となった米国人の英雄に思いをはせる」

「米国の敵は75年間で変わったが、平和の追求には、勝利に代わるものはない」

なんて訴えてるみたいですね。

 

そんな安倍首相の真珠湾訪問をやはり反対する人がいます。
たとえば、

 

オバマは広島で非戦闘員に対する慰霊をしたのであって、
真珠湾いってアメリカ兵の慰霊をするのは日本の総理がやってはいけないことです 」
   
「日本が生き残るための先制攻撃だったはずなのに、なぜ『反省』なのか?
その前に戦没者の遺骨収集が先だろ!安倍総理の行動に対し一気に冷めた。残念だ!」
   
「広島と長崎の原発投下に殆どのアメリカ人が謝罪する気ないのに、真珠湾ごときの犠牲に謝罪するのか」

 

確かに真珠湾は軍港で広島は市街地だったですね。
使った武器も犠牲者数も段違いですし、同じとは言えませんね。

 

でも、
そこをはき違えないようにしてくれれば、
今の同盟の象徴としての慰霊は評価には値すると思うんですね。

 

真珠湾攻撃があった当時、
沈没した戦艦「アリゾナ」の近くで任務に当たっていた元海軍のリチャード・ヤングさん(94)は、

「(訪問の)理由は償いのためだと思う。それが本当ならば素晴らしい。
(謝罪は)悪くないだろう。でも、私たちは日本に原爆を落としている。謝罪をし始めたらきりがない」

と語っているんです。

 

また案の定、中国は、
「なぜ南京には謝罪に来ないのだ」なんていう意見もあったし、

 

中国外務省の報道局長は、
南京大虐殺記念館のほか、満州事変の発端となった柳条湖事件を記念した博物館や731部隊跡地を挙げ、

「日本が深刻に反省し本当に謝罪したいなら、中国には多くの弔うべき場所がある」

 

なんて言っていますが、
そういうのは要求するものではないですよね。

まったく中国には関係ない話ですよ。

 

韓国ではソウル新聞が、
「第2次大戦で激しい戦いを繰り広げた両国の歴史的和解を象徴している」と伝え、

「安倍首相は戦後史に区切りを付け、米日同盟関係をさらに高い段階に引き上げる主役となる」
と指摘したみたいで、

 

さらに、トランプ次期米大統領も安倍首相の真珠湾訪問を求めており、
次期政権との円滑な関係を望む日本側の意向も込められていると分析しているんですが、

 

韓国の場合、
朴槿恵の問題で大騒ぎしているし、経済問題もあまりよくないみたいで、

最近は日本に媚びを売っているところが見えますが、
これまた韓国もまったく関係のない話ですよね。

   

そういえば、
チケットを求める人が朝早くから行列ができるほど、
アメリカ人にとっては人気がある真珠湾のアリゾナ記念館には、
安倍晋三首相の奥さんの昭恵夫人が8月22日に訪問していますね。

 

なんでも、
昭恵夫人が「パールハーバーに行ってきます」と伝えたら、
安倍晋三首相は神妙な面持ちだったそうで、
「夫は夫、私は私ですから、行ったほうがいい」なんて進言したりはしていないそうです。

 

そして、
実際にアリゾナ記念館を訪れて、どんなことを感じたかというと、

 

真珠湾攻撃が、どれだけ痛ましいものであったかを、改めて知りました。
またアリゾナ記念館の下に眠る戦艦アリゾナからは、いまも少しずつ海中に石油が漏れていることを知り、
75年経っても戦争の跡が生々しく残っていることに心が痛みました」と。

 

一方で想像していた以上に、
アメリカが冷静に歴史を振り返っていることも感じたそうで、

 

展示された資料を見ていると、

「日本軍が残忍だった、というようなことが書かれているわけではありません。
正直に言うと、
来る前はもっと″怒り″が全面に出された施設なのかと思っていました」

 

「ところが、展示物を見ると、日本には日本の経済的な事情、国際社会の中での苦しみがあった、
というような説明書きが随所にありました。

『リメンバー・パールハーバー』という言葉が、怒りや憎しみの代名詞ではないと気づくとともに、
アメリカが成熟した民主主義の国であり、
そして日本とアメリカがそうした歴史を踏まえたうえで成熟した関係を築いている」

ということをあらためて実感したそうです。

 

もう一つ印象的だったのは、

「戦前の日本とアメリカの文化やスポーツなどの交流についての展示があったことです。
そうした豊かな交流があっても、悲惨な戦争が起きることがあり、
そして戦争が起こればそのつながりは一瞬で消えてしまう。私たちは、その過ちを繰り返してはならない」

とその決意を強くしたそうです。

 

今回の安倍首相の真珠湾訪問は、
オバマ現政権に対して、
ニューヨークで行われた“異例”の「トランプ・安倍会談」に対する“お詫び”、
とも言われていますが、

 

やはり昭恵夫人が、
平和な世界を築くために、私にできることは何かを考え、動き続けたからこそ、

 

夫である安倍首相も、

実際にふれて学んだものと、教科書で習ったものとでは、伝えられるものがまったく違いますから、

 

次の世代に歴史の記憶を財産として託していく義務感から訪問を決意させたんでは・・・。

と私は思いますよ。

   

「温水洗浄便座」他人のお尻を洗ったノズルを使いますか?

生活ハウツー

「おしりだって洗ってほしい」のキャッチコピーは、
TOTOの温水洗浄便座を一気に話題にしたことで有名ですが、

 

あなたも温水洗浄便座のトイレしか使えない、
なんてほど病みつきになっていませんか?(私も温水洗浄便座しか使いませんが)

 

また海外から帰ってきた人などは、
成田や羽田の空港でウォシュレットがあると「帰ってきた~!」って気持ちになりますよね。

f:id:ky4490:20161207175630j:plain

ある会社が行った「温水洗浄便座」についてアンケートで、
自宅トイレの温水洗浄便座の装着状況を尋ねると、

全体では69.4%が「装着されている」との結果になったんですね。

 

また、温水洗浄便座のお気に入りの機能・特長については、

全体では「おしり洗浄機能」が1位で72.4%。
次いで「暖房便座」54.0%、
「ビデ機能」32.8%と続き、

 

自宅トイレの温水洗浄機能を使用している理由については、

1位が「紙だけよりも汚れがよく落ちる」が66.4%。

次いで、
「さっぱりする」63.5%、
「やさしく汚れを落とせる」41.7%と続いているんですね。

 

確かに温水洗浄に慣れてしまうと、
もう尻ふき紙には戻れないくらいのインパクトがありますね。

たまに紙で拭くと、
肛門の粘膜がヒリヒリ痛み、肛門様も軟弱になっていることがわかりますよね。

 

そんな「汚れを落とすこと」を期待する「温水洗浄便座」なんですが、
自分の家では使うけど、

不特定多数の人間が使用する、
職場や駅の公衆トイレやコンビニのトイレでは使う気にはなれないって案外多いんですよ。

 

「他人のお尻を洗った水がノズルに飛び散ってしまうんじゃ……」

「ノズルに他人のウン〇がついてて、それが自分のお尻につくように思うから」

「あのウン〇まみれかも知れないノズルが恐ろしくて外でのシャワーは絶対利用しません」

「気持ち悪いもん。どんな使い方されてるかわかんないし」

「知り合いでも他人のケツに当たった跳ね返りしずくを浴びる放水口から出る水流が清潔とは思えない」

なんて理由で抵抗がある人が多いんですね。

 

ほとんどの方が「温水洗浄便座」のノズルや本体が汚いと思っているようですが、

「ウォシュレット」を販売するTOTOによれば、

清潔性を保つ機能として、
ノズルの使用前後に水道水でノズルを洗浄するセルフクリーニング機能や、
最新商品には『きれい除菌水』でノズルの内外を自動的に洗浄する機能が搭載されているそうで、

便座とノズル素材には防汚効果の高い樹脂を採用し、
さらにお尻を洗浄した湯がノズルにそのまま落ちてこないよう、角度も工夫しているそうですよ。

 

それでは、
温水自体が汚染されていることはないのかという疑問も湧きますが、

 

東海大健康科学部が2009年に、
温水洗浄便座の温水タンク内で細菌が繁殖しやすいことを突き止めたんですよ。

 

神奈川県内の民家80カ所、公共施設28カ所で温水洗浄便座の局部洗浄水を採取した結果、
水道水の水質基準を超える細菌を検出し、

実に民家では基準の平均31倍、公共施設では10倍。
民家では4カ所から大腸菌群が見つかり、うち一カ所では緑膿菌も認められたそうです。

 

あなたのご自宅の温水洗浄便座も、タンク付きタイプの温水洗浄便座と思いますが、

タンク内の水道水が人肌程度の温かさに維持されているため塩素が蒸発し、
細菌が繁殖しやすいと考えられるそうで、

(外人に言わせると、あの生暖かさが菌を培養する気がすると言っていました)

 

お尻洗浄時に肛門から温水が跳ね返って大腸菌などがノズルの穴から侵入したり、
空気中の細菌が穴から入るなどの可能性があるみたいです。

 

また、
この調査で公共施設に比べ民家の検出が多かったのは、
温水洗浄便座の使用頻度に関係があると言うんですね。

 

温水洗浄便座は使用のつどタンク内の水が補充される仕組みですから、
家庭では使用頻度が少ない分、水が入れ替わらず汚染しやすかったのではないかという見解なんです。

 

「ノズルからタンクに水が逆流することはない」としながら、
旅行などで長期に自宅の温水洗浄便座を使用せずにいた場合、
念のため一度タンク内を水抜きしてから再使用することを推奨するそうですよ。

(意外と自宅の温水洗浄便座が不衛生だったりして)

 

しかし、
問題は「飛散」にあるともみられるみたいで、

温水洗浄便座で肛門を洗った水は、
膣や尿道、股間まで飛び散ることが分かっていますが、
大腸菌などが膣口や尿道に付着してもおかしくないんですね。

 

洗浄後、
濡れたままトイレットペーパーで拭けば、悪玉菌を塗り広げることにもなり得るそうですよ。

(健康な人の便中には1グラムあたり約10兆個の細菌が含まれているとも言われているみたいです)

 

でも、
これまで温水洗浄便座使用によって病気になったという報告は一件もないそうですが、
過度の使用はしないようにしてくださいね。

 

「過度」が何回なのかはわからないんですが、
妊娠中や早産既往のある女性、閉経後の女性は、特に気を配った方がよさそうですよ。

 

それと「洗い過ぎ」にも注意してくださいね。
肛門周辺を洗い過ぎると肛門付近の粘膜に悪影響を与えるそうですよ。

 

よくあるのが肛門周囲のかゆみ、
かゆみの主な原因はおしりの洗い過ぎ、ふき過ぎ、温水洗浄便座の使い過ぎなどみたいです。

 

この「洗いすぎ」は入浴でも要注意で、
臀部や性器をアルカリ性せっけんで洗いすぎると、
酸性に維持された膣内がアルカリ性に傾いてしまうんですね。

 

人間には自分で自分の体を守るメカニズムが備わっていますから、
過度に清潔にこだわり、
手をかけすぎて健康を害しては元も子もありませんよね。

   

それから公衆衛生の専門家によると、
 
ノズルの衛生面は、
温水洗浄便座の吐水の水質に大きな影響は与えないそうで、

仮にノズル表面をエタノールや塩素水で洗浄したとしても、
吐水の水質には大きな影響を与えないそうですよ。

 

温水洗浄便座は水道水を使っているから、
加温によって水道水に含まれる環境系の細菌が増えることはありますが、
それは風呂のお湯程度のものであり、病原性は無いとのこと。

 

ノズルを清潔にしたからといって、
水が綺麗になるというわけではないらしく、

温水洗浄便座に 使用される水道水自体が無菌ではないが、
たとえ細菌が増殖しても生活用水程度の細菌数のため、体への害は無いそうですよ。

(ウーン確かにノズル全体が汚くなろうが水が出る穴自体は汚れないですね)

 

また、
温水洗浄便座には使用前と使用後にノズルを洗浄する機能があり、
取扱説明書にも定期的なお手入れが必要と記載されていますから、

公共施設のトイレがしっかりと管理されていれば、
温水洗浄便座の吐水の衛生性は保たれるそうですよ。
 

最も、抵抗感のある人は、
科学の問題でなく感性の問題となるみたいで、その抵抗感はなくならないでしょうから、

100均で売ってる小型スプレイ容器に消毒用エタノール入れて持ち歩いて、
トイレを使う時には除菌してから使うといいかも。

 

でも、
「使う派」の人たちはこれからも堂々と使用できるみたいですよ。

 

ついでに言っておくと、
「温水洗浄便座」の暖房便座と洗浄水の温度を共に「弱」にすると、年間1080円の節約になり、

 

使わないときに蓋を閉めれば、
さらに、年間940円のコストダウンになるそうですよ。

 

今日の話はうさんくさい話になりましたが、

「温水洗浄便座」の使い方は清潔感の感覚の差なのかな?