美ビルド・ネットの熊本はてな?

「美ビルド・ネットの熊本はてな?」は我が郷土熊本県を中心にお役に立つ情報をあなたにお伝えします。

「生涯未婚率、過去最高」お一人様の時代なの?

無理してまでするものじゃないし、別にいいのかもしれないですね。
結婚するために相手を探すというのも理解できなくはないけど、

 

結婚って、
あくまでも結婚したいと思えるような相手と生涯をともにするための手段であって、
結婚自体を目的にするのは何か違うんじゃないかと思うんですが・・・。

 

やはり、
結婚するメリットよりもデメリットの方が目立つから結婚はしたくないって人が多いのかな?

f:id:ky4490:20170406160135j:plain

というのは、
国立社会保障・人口問題研究所が5年に1回、
国勢調査を分析して生涯未婚率を割り出しているんですが、

 

50歳まで一度も結婚したことがない人が、
2015年に男性で4人に1人、女性で7人に1人いたことが分かったみたいですよ。

 

今回は男性が前回調査比3・23ポイント増の23・37%、
女性は同3・45ポイント増の14・06%で増加傾向に拍車がかかっているんです。

 

同研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によると、
「いずれは結婚したい」と考える18~34歳の未婚者の割合は、
男性85・7%、
女性89・3%

 

と高水準なんですが、
「結婚資金」や「結婚のための住居」の確保が障害と考えている人が多く、
非正規労働者の増加も生涯未婚率の上昇に影響している」とみているみたいですよ。

 

男の4人に1人は凄いですね。
昔のように親が結婚相手を決めて、逆らえない時代のほうが少子化にはよかったのかも。

 

でも未婚率が上がればそれに対応した単身者向けサービスも充実していく、
それでいいかもしれませんが、歯止めなんてかからないかもしれませんね。

 

こういった生涯未婚率が上がった背景には、
「結婚するのは当たり前」という社会的な圧力は弱まり、自分の意思で独身を選ぶ人が増えているんでしょうね。

雇用が不安定で低収入の男性が現れる一方で、
フルタイムで働き経済的に自立する女性が増えてきましたからね。

 

だからこそ、
結婚したくてもできない人への支援は重要と思いますよ。

 

今の年金や企業の配偶者手当などの社会システムは、
「夫は正社員、妻は専業主婦」というライフコースを中心に組み立てられたままですからね。
こういった現状に合わせた仕組みに変えていくべきですよ。

 

そしてお一人様は、
失業や病気で働けなくなれば、すぐに貧困に陥ったり、孤立したりするリスクがありますもんね。
「お一人様社会」に見合った、血縁に頼らない地域のつながりや、公的な支えが必要ですね。

   

ところで、
「結婚しない人」は、自分勝手な人間と思いますか?

 

あなたがお一人様なら、
案外「ひとりが好きなんです」と言いませんか?

 

「結婚できないんじゃなくて、しないんです」とあえて言うのは、

「結婚しない=人に合わせられない、自分勝手な人」と思われたくない、

という感情が少なからずあるからかもしれませんね。

 

たとえばデートの時、
いつもデートの予定を相手に合わせている(自分の予定を変更してでも)、
いつも家族のために自分のことを後回しにしている・・・。

 

そうしたくてやっているのだから、これでいいんだと思うでしょうね。
ただ、
こうして相手に合わせたのにもかかわらず、相手が自分の思いどおりにならなかったとき、
どのように感じるでしょうか?

 

きっと「こんなに、配慮したのに」「こんなに尽くしたのに」と
恨みがましい気持ちになるのではないでしょうか。
その結果、攻撃的な言動につながることも多いですよね。

 

相手を思ってしてきた行動が、
結果として相手を傷つけてしまう原因になるかも。

「人に合わせる」気持ちが強ければ強いほど、
結局は、相手に過分な負担をかけることになりますね。

 

ではどうすればよいと思いますか?

 

やはり大切なのは、
「自分のため」に生きるという意識を持つことでは・・・。

 

わがままになれと言っているわけでは決してなく、
自分はこうしたい、こういう状況にある、ということを率直に相手に伝えればよいみたいですよ。

自分の気持ちに正直に、自分のために行動することができれば、
気持ちに余裕ができて相手のことも大切にできるようになりますね。

 

本当は嫌なのに「YES」と言うのではなく、
「NO」と言うことの大切さを知ることでしょうね。

 

あなたもこんな経験がありませんか?

あと、10分しか時間がないのに、相手が話し終わらなくて、ソワソワしてしまう、
なんてことはないでしょうか。

 

何も言わずにいれば、相手にはもちろん伝わりませんね。
相手の話もまともに聞けないどころか、
話し終わらない相手に対して、怒りを感じてしまうこともありますよね。

 

そうなれば、お互い不幸なんです。

 

申し訳なく感じても、
時間がないと伝えることこそが、自分も相手も大切にする関わり方と思いますよ。

自分の状況や思いを主張することは、
お互いの理解を深めるための落としどころを見つけていくために必要なやり取りですね。

 

人に合わせられないからといって、人との接触を断ってしまうようであれば問題ですが、
人に合わせられないからこそ、
お互い違いを認め、相手との対等な関係を築くことができますね。

 

自分軸で物事をとらえることができれば、
相手の反応に過度に揺さぶられることなく、より自由な気持ちと自立を手に入れることができますね。

「嫌われたくない」「関係を壊したくない」と人に「合わせている」方は、
その思いが反対に相手との関係性を悪くすることがあるんです。

 

自分を大切にできるからこそ、人も大切にできるんです。

 

「お一人様」には、
「人に合わせすぎてしまい疲れる」(自分らしくいられないので関係性が続かない)という人も多いのかも。

 

つまり「人に合わせられない」のではなく、
その真逆で「人に気を使いすぎている」んでしょうね。

 

「人に合わせる」のが良いことだという呪縛から解放されて、
自分のために生きてみると違う世界が見えてくるかもしれませんよ。

 

ですから、
結婚しない人=自分勝手な人は違うんです。

 

むしろ素晴らしい人なのに、
未だに独身なのかっていう人が世の中には多くなってきていると思いますよ。

 

一昔前は良い歳して独り者だと変わった人扱いでしたが、

そういう時代ではなくなりましたね。